オンライン英会話に効果なし?辛口比較と初心者向け独学勉強法!

今は英会話の勉強と言えば、英会話教室よりもオンライン英会話スクールでしょう。

家で好きな時間にレッスンを受けることができるというのは、大きな魅力です。

しかし、英語初心者にはおすすめしない勉強法です。

 

PCやスマホやタブレットなど色々な端末からネットにアクセスできるようになりました。

そのおかげで、iphoneなどでもオンライン英会話スクールに参加することができます。

 

0165

 

スマホだと誰でも持っていますし、タブレットも持っている人が多いので、そういった端末からオンライン英会話スクールに参加して英会話を学ぶというのは、ものすごく敷居が低くなって取り組みやすくなっていると感じます。

 

 

オンライン英会話を使うメリット

 

オンライン英会話スクールというのは、言い換えると「ネットで繋がる家庭教師」みたいなものです。

しかも、世界各国に講師がいるため、24時間・深夜や早朝であってもレッスンを受けることができます。

 

0168

 

オンライン英会話なら仕事や家事や友達付き合いが終わった後の時間を使えるので、1日の時間を効率よく使うことができます。

あと、一番のメリットは価格が安いってことですね。月1万円くらいでいけますし。

 

それに、どこのオンライン英会話スクールでも「無料体験レッスン」があるので、本レッスンを受ける前に自分の力を試してみるといいでしょう。

1回30分くらいのレッスンで、難易度も選べます。

 

ちなみに初級編だと、

My name is ____
I live in ____
My hobby is ____

みたいな、中学1年生で習うような英語からスタートしてくれます。

 

このレベルの英語を見ると「そんな簡単なレベルでやるとか無駄じゃない?」と感じるかもしれませんが、実際に外国人に向かって話すとなるとこんな簡単だと思うレベルですら、初心者は緊張してなかなかうまくいきません。

 

0167

 

僕らは学校の授業で習っていたのである程度の英語は読むことはできます。

でも、カタカナ英語ではなく外国人に伝わる英語で話すとなると、自分が思っている以上に難しいというか、できていないことを痛感します。

 

そして、そこが本当の意味での英語学習のスタートだと思うのです。

 

日本の英語教育では「実際に話す機会」ってほとんどないですが、英会話上達には「必須の時間」です。

場慣れするためにドンドン使うのはいいですが、そのレベルに達していない初心者が使うのはおすすめできません。

 

 

オンライン英会話を使うことのデメリット

 

ここまでオンライン英会話スクールのメリットを色々と話してきましたが、メリットばかりではありません。

当然ながらデメリットもあります。

 

まず一番大きなデメリット「講師がネイティブじゃないケースが多い」ということです。

 

0026

 

一般的な英会話教室よりも安価でレッスンが受けられるということは、それだけどこかで経費削減をしています。

オンライン英会話スクールでいうなら、ネイティブ英語圏(アメリカやイギリス)以外の国の講師が多いです。

 

例えば、インドやシンガポール、他にもフィリピンなどがメジャーです。

フィリピンはまだネイティブ英語圏に近い発音ですが、シンガポールだと日本でいう「方言」と同じように独特の訛りがあったりします。

 

オンライン英会話スクールの中には優先的にネイティブ英語圏の講師を選択できるコースもありますが、それば別途お金が必要になるので、ちょっと割高になってしまいます。

ですので、どうしてもアジア圏の英語を話せる外国人と会話をすることになりやすいのです。

 

 

初心者こそネイティブに入門すべし!

 

「えっ?別にいいんじゃないの?」と思った人もいるかもしれません。

英語を母語としない外国人から英語を習うというのは、関西弁を日本の標準語だと教わるようなものです。

 

0155

 

僕は関西人なので、関西弁が標準語だと思っていますよ(笑)

でも、関西弁のイントネーションと標準語のイントネーションは違うし、標準語が当たり前の場所で関西弁のイントネーションで話すと、やっぱり違和感があるし、何か浮いた感じになる。

それが英語でも起こると考えると、初心者で変なクセもない人ならなおさらネイティブから学んだ方が、しっかりとした英語の基礎が身につくと思うのです。

 

あと、当然ながらネイティブ英語圏の講師は少なく、人気なので、ほとんど予約が取れないという状態です。

優先的に取ろうとするとさっきも言いましたが、別途お金を払って講師を選択できるコースを選択する必要がでてきます。

 

0160

 

では、オンライン英会話スクールは総合的に見た時「あり/なし」のどっちなのでしょうか?

僕は現在の英語力によって異なると考えています。

 

少なくとも高校生レベルの4つの英語力、「話す」「聞く」「読む」「書く」が備わっているのなら、実践経験を積むためにオンライン英会話スクールを活用することは大賛成です。

しかし、高校生レベル以下だったり、中学生レベルの英語も怪しいとなれば、オンライン英会話スクールを使うのではなく、まずは徹底的に日常会話に必要な英語の基礎を学ぶ方を優先した方がいいでしょう。

 

 

使えるネイティブ英語入門教材とは?

 

もちろん、基礎英語を学ぶにしても「ネイティブのフレーズ、ネイティブの発音、ネイティブの英語感覚が入っている教材」を選ぶのがポイントです。

 

ちなみに僕が「これだ!」と考えるのが、『ネイティブイングリッシュ』です。

 

それはなぜかというと、日本の大学で外国語指導をしていた「日本人に教える経験のあるネイティブ講師」や、NHK基礎英語の講師を務めていた「日本の英語教育を支えてきた講師」が一同に集まっています。

 

そして、ネイティブの英語をマスターするためにその道の専門家が集まり、「日本人が英語感覚を身につけるためにはどうすればいいのか?」を考えて作ったものだからです。

 

NE01

 

さらに「英語で会話することの楽しさ、嬉しさ」を体感できるように、真っ先に習得すべき必要なものだけを厳選して集めています。

「ナマの英語、ナマの会話」にフォーカスしたプログラムなので、「英語でコミュニケーションを取ること」に特化した教材になっています。

 

 

ですので、初心者はまず『ネイティブイングリッシュ』で2ヶ月勉強して、英語感覚と最低限の基礎英語をマスターする。

その後に今回の話に出てきた、オンライン英会話スクールなどを活用して、実際に英語で会話する経験を積んでいく。

 

この2ステップを踏むことで、

「言いたいことがそのまま英語で話せた」
「発音で笑われることもなくなった」
「早口でしゃべるネイティブの言ってることがわかる」
「余裕を持って英会話を楽しめるようになった」

なんてことも、決して夢ではないでしょう。

 

0050

 

あなたが英語初心者であるなら、なおさらこの『ネイティブイングリッシュ』が、英語学習の成功をサポートしてくれますよ。

 

→ 『ネイティブイングリッシュ』の公式サイトはこちら

 

 

追伸

 

今なら「60日間全額返金保証」があるので、「60日間実質無料で試す」ことができます。

 

人は最初の一歩を踏む時が一番エネルギーが必要になります。

しかし、この制度のおかげで、「もし効果が出なかったらどうしよう?」という心配や不安がある人にも、ストレスフリーで試してもらうことができるのです。

 

→ 『ネイティブイングリッシュ』の公式サイトはこちら

 

 


コメントは受け付けていません。