単語や文法では上達しない?英語力向上は「音とフレーズ」が最重要!

「英語を話せるようになりたい」
「英会話ができるようになりたい」

僕も含めてそう考えたことがある人は、たくさんいると思います。

 

そのために英単語帳を買って単語を覚えてみたり、英会話教室に行ってみようと考えたり、オンライン英会話を試してみたり、英語のアプリをダウンロードしてみたり。

色々な形でスタートしたのではないでしょうか?

 

しかし、その頑張りの割には英語が上達した感じがしない。

 

例えば、街や駅で困っている感じの外国人を見かけて、声をかけようと思ってもとっさの一言がでない。

そういう悔しい思いや残念な思いををしたことがあるかもしれません。

 

それでも、「もう一度英語を学ぼうと決心した人」にこそ知ってもらいたい話があります。

 

 

そもそも、完璧な英語ってマスターできるの?

 

僕らは英語の勉強をするとなぜだか「完璧な英語をマスターしよう」と考えます。

ところが、それが「英語に挫折する大きな理由」です。

 

でも、考えてみてください。

「完璧な英語」って何なんでしょうか?

 

僕やあなたは同じ日本人ですが、完璧な日本語って話していますか?

 

僕は尊敬語や謙譲語とかよくわからないですし、たぶん言葉使いもダメな部類に入ると思います。

あと、僕は関西在住で関西弁を話しますが、東京の友人とも会話は成立していますし、意思疎通もできています。

 

0083

 

こんな風に、僕らは完璧な日本語を話さなくても、きちんとコミュニケーションは取れています。

そして、それは英語も同じです。

 

だから、完璧な英語ではなく「第2言語としての英語」として勉強して、完璧を求めない。

これが英語を学ぶ上で大事な心構えになります。

 

それに日本人にネイティブのような完璧な英語や発音をすることはほぼ不可能です。

でも、それに近いニュアンスや発音でも十分に英語でコミュニケーションを取ることはできるのです。

 

だから「完璧な英語をマスターするのではなく、伝わる英語をマスターする」と考え方を変えていきましょう。

 

 

学校で習った英語学習が役に立たない理由

 

日本の学校で行われている英語教育は「読む」「書く」を重視しています。

 

それは英語の論文を読んだり書いたりするためで、言うなれば「学者になる人」のための教育です。

そのため「英語でコミュニケーショを取る」という目的でカリキュラムが作られていません。

 

もちろん、僕が学生の頃と比べると英会話の重要性は高まっていると思います。

僕の時もオーラルコミュニケーションの授業ありましたし。

でも、まだまだ不十分です。

 

それを補うという意味でも英会話教室やオンライン英会話スクールはとても重要なツールです。

実際に生の英語に触れるという意味でものすごく役立ちます。

 

しかし、初心者がいきなり英会話教室やオンライン英会話スクールに行くと、高い確率で挫折してしまいます。

 

0071

 

その理由が「音」にあります。

 

例えば、赤ちゃんや幼児が言葉を覚える時ってどういう風に覚えますか?

親や周りの人の真似をしたり、テレビから聞こえてくるものを真似するところから始めているはずです。

本を読むにしても、最初は寝る前にお母さんに読み聞かせてもらったり、それから自分で本を読んでいませんでしたか。

 

つまり、僕らは言語を覚える時「音からスタート」しているのです。

それなのに日本の学校で教わる英語は、いきなり「読む」「書く」から学ぶので、僕を含めた多くの日本人が英語学習に失敗してしまうのです。

 

 

洋楽を聴くように英語耳・英語感覚を身につける

 

英語学習の初期の初期は「歌を覚えるように英語を覚える」というやり方がうまくいきます。

 

CDやYoutubeで曲を聴いていると、サビやフレーズを口ずさんでいるうちに覚えてくるじゃないですか。

特に洋楽だと歌詞の意味はわからないけれどフレーズは覚えて、いつのまにかサビだけは歌えるってことがあるじゃないですか。

英語もそういうイメージでやっていった方が実は効率がいいです。

 

大事なことなので2回言いますが、英語学習では「最初は洋楽を覚えるように、音とフレーズを重点的に覚えていく」といいですよ。

それを続けていくうちに、英語を「話せる/聞き取れる」ようになっている自分に気づくでしょう。

 

僕は学生の時に初めて英語をちゃんと勉強しようと思い、洋楽を色々と聴いた中で『Backstreet Boys』にハマり、ずっと聴くようになりました。

それから10数年経ちましたけど、未だにその時に覚えた曲は歌詞を見ずに口ずさめます。

それは「英語のまま頭の中に入っている」からです。

 

0050

 

しかも、一応は学校で英語を勉強していたので、多少は単語とかも覚えています。

だから、聴いていると知っている単語とかもでてきますし、洋楽って割と簡単な英単語なことも多いですから、何となく歌詞の意味やニュアンスを理解することができる。

 

例えば、これは『As long as you love me』って曲のサビなんですけど、意外と簡単です。

「I don’t care who you are
 Where you’re from
 What you did
 As long as you love me」

ほら、中学校で習う単語ばっかりでしょ?

 

そして、完璧な和訳とは程遠いでしょうけど、

「君が誰であっても、どこからきて、過去に何をしていたとしても、僕を愛してくれるなら何も気にしないよ」

と訳すことができますし、別にあれこれ考えることなくニュアンスでわかると思います。

 

 

英会話教室などの効果を数倍に上げる方法

 

この部分は何度も聴いた曲なので、ずっと僕の頭の中に入っているフレーズの1つになっています。

 

そして、歌おうとするとカタカナ英語ではなく、ネイティブの歌い方を真似ないとうまく歌えません。

そうすると勝手にネイティブが使っている発音になったり、短縮の仕方を覚えることができます。

 

他の例えを出すと、

「everytime I breathe I take you in」

というフレーズがあるとします。

 

「everytime」を「エブリタイム」と言うと、歌のスピードについていけません。

なので、「エビタマ」と聞こえたら、それを真似る。

 

ここで大事なのは「エ・ブ・リ・タ・イ・ム」と全部同じように言っているのではなく、「エ・ブリ・タィム」と強弱をつけているということを体感することです。

まぁ、実際にやってみたらいいですけど、こんな風に覚えたフレーズというのは、意外と頭の中に残っています。

 

0049

 

これが「使える英語になるための第一歩」になります。

 

そして、この状態で英会話教室やオンライン英会話スクールに行くと、何もせずに行くよりも何倍も効果的な英語学習ができ、お金や時間の無駄がなくなります。

 

 

脳科学を使って、記憶力と英語力を向上させよう!

 

そして、この方法を脳科学の研究で得られたメソッドを組み込んで、日本で初めて体系化し、誰にでも使えるようにしたのが『 ネイティブイングリッシュ 』です。

特に成人した人にこそ、使って欲しい英語教材です。

 

英語を勉強するには幼児期から始めた方がいいと言いますよね?

実際に英語に限らず様々な分野において「8~13歳程度が学習限界=クリティカルエイジ」と言われています。

 

この年齢で学んだことは抵抗なくスムーズに覚えられることが多く、逆にこの年齢を過ぎてしまうと覚える力がドンドン落ちてきます。

 

0155

 

しかし、『 ネイティブイングリッシュ 』はこのクリティカルエイジ後であっても、記憶定着力を高める学習メソッドも組み込まれています。

 

 

長くなったので、ここでまとめますね。

 

・洋楽を聴くように、音とフレーズを英語のまま頭に入れる
・脳科学を使ったクリティカルエイジを超える学習メソッド
・完璧な英語ではなく、使える英語・伝わる英語をマスターする
・コミュニケーション英語に必要な瞬発力と応用力を鍛える

 

という効果が期待できるのが『 ネイティブイングリッシュ 』です。

ですので、あなたがもう一度「本気で英語を勉強しよう!」という気持ちがあるのなら、ぜひ『 ネイティブイングリッシュ 』を使ってみてはいかがでしょうか?

 

→ 『ネイティブイングリッシュ』の公式サイトはこちら

 

 

追伸

 

今なら「60日間全額返金保証」があるので、「60日間実質無料で試す」ことができます。

 

なので、もしあなたが英会話教室へ行こうと考えているなら、まずはこの『ネイティブイングリッシュ』で学ぶと、かなりお金の節約をすることができるでしょう。

そして、『ネイティブイングリッシュ』で2ヶ月勉強して、「耳と口と脳で英語を覚えた後」に英会話教室へ行くと、さらにもう一段階スキルアップできますよ。

 

→ 『ネイティブイングリッシュ』の公式サイトはこちら

 


コメントは受け付けていません。